中小企業無災害記録証授与制度

中小企業無災害記録証授与事業場

中小企業無災害記録証授与事業場

事業場名 代表者 住所 種別 継続日数 起算日 達成年月日
幸塚汽力工業
株式会社
代表取締役社長 〒933-0043 5種 9,769日 S62.01.01 H29.12.11
幸塚 榮三 富山県高岡市
中川上町10番14号
ユーシン建設
株式会社
代表取締役社長 〒939-1308 4種 4,954日 H13.03.28 H31.02.13
福澤 政明 富山県砺波市
三郎丸56番地
森田商運
有限会社
代表取締役 〒933-0207 3種 2,984日 H21.12.25 H28.11.07
森田 大介 富山県射水市
白石937
萩浦工業
株式会社
代表取締役社長 〒930-0904 2種 1,014日 H28.01.14 H30.10.10
齋藤 博 富山県富山市
一本木35番地
【参考】記録証は、中小企業に属する労働者数10人以上、100人未満の事業場を対象に、
    次の無災害基準日数を達成したことを申請し、認定された場合に授与される。

※無災害基準日数
第1種:業種と従業員規模別に定められた日数
第2種:第1種基準日数の2.0倍
第3種:第2種基準日数の1.5倍
第4種:第3種基準日数の1.5倍
第5種:第4種基準日数の1.5倍

中小企業無災害記録証授与制度のあらまし

中央労働災害防止協会では、中小企業が自主的に安全衛生活動を進める上での目標となるよう「中小企業無災害記録証授与制度」を設けています。
この制度開始以来、経営者、従業員が一丸となって安全衛生活動を進め、無災害記録を達成した多くの事業場に無災害記録証が授与されています。
災害ゼロの安全で快適な職場づくりに向けて、制度を活用しませんか。

表彰の対象となる事業場は次の要件を満たしている事業場です。

・当協会の会員であること
・中小企業(資本の額又は出資の額の総額が1億円以下の企業)に属する事業場
・労働者が10人以上100人未満の事業場

無災害記録とは

業務上死亡又は休業災害の発生していない状態がある一定の日数続いた場合に無災害記録の対象となります。

記録の申請

申請書(様式-1,2)を作成し、(一社)富山県労働基準協会を経て申請します。
申請書は中災防のホームページよりダウンロードできます。
中央労働災害防止協会 ホームページはコチラ

記録の授与

申請内容が規程に合致した事業場には、中小企業無災害記録証と副賞(表彰楯)が授与されます。
表彰状

中小企業無災害記録証授与制度申請のながれ