労働安全衛生マネジメントシステムのご案内

JISHA方式適格OSHMS認定のご案内

労働安全衛生マネジメントシステム認定事業

当協会は、中央労働災害防止協会(以下「中災防」という。)とJISHA方式適格
OSHMS評価認定機関となる契約を締結し、JISHA方式適格OSHMS認定事業を
行なっています。
当協会が認定した事業場は、中災防が認定した事業場と同様に
JISHA方式適格OSHMS認定事業場名簿に登録し、登録証が交付されます。

労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)について

労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)は、企業が安全衛生水準の向上を目指して自主的かつ計画的に安全衛生管理を推進するためのシステムです。平成20年度を初年度とする第11次労働災害防止計画における主要な対策においても、リスクアセスメ ントの実施とともに本システムの自主的な導入の促進が掲げられております。
労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)は、事業者が労働者の協力の下に「計画(Plan)-実施(Do)-評価(Check)-改善(Act)」(「PDCAサイクル」といわれます)という一連の過程を定めて、継続的に行う自主的な安全衛生活動を促進することにより、労働災害の防止と労働者の健康の増進、さらに進んで快適な職場環境を形成し、事業場の安全衛生水準の向上を図ることを目的とした安全衛生管理の仕組みです。
「OSHMS」は、Occupational Safety and Health Management Systemの頭文字です。

日本では、厚生労働省から「労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針(OSHMS指針)」(平成11年労働省告示第53号。平成18年改正。)が示されています。
また、唯一の国際的な基準としてILO(国際労働機関)においてもOSHMSに関するガイドラインが策定されており、厚生労働省の指針はこのILOのガイドラインに準拠しているものです。

OSHMSに関するガイドラインの枠組み

認定までの流れ

認定業務の流れは概ね次のとおりです。
(1) 認定を受けようとする事業場は、当協会へ適格認定の申込みをする。
(2)協会に所属するJISHA方式OSHMS評価員が、申込事業場のOSHMSの適格基準への適合について評価(書面調査、実地調査)を行なう。
(3)協会に設置したJISHA方式適格OSHMS認定委員会で、事業場の適格基準への適合について審査を行なう。
(4)協会は、前項の審査の結果、適格基準に適合していると認められ、かつ、欠格事項に該当しないときは事業場をJISHA方式適格OSHMS認定事業場として認定することとし、その旨を中災防に通知する。
(5)通知を受けた中災防は、事業場を認定事業場名簿に登録する。
(6)協会は、評価認定機関として発行した認定証を事業場に授与する。
(7)中災防は、事業場の申請により登録証を交付する。
(8)協会が認定した事業場の認定の更新、取消し等は協会が行い、その都度中災防に通知する。
(9)協会から前項の通知を受けた中災防は、名簿の登録事項の書き換え等を行なう。

適格認定の特色とメリット

企業のOSHMSについていわゆる外部認証を受けることのメリットとしては、次のようなことが考えられます。
(1)それぞれの規格や基準が定める要件を満たすための改善を通じて、システムの質の向上が図られます。
(2)社会的通用性のある認証を取得することにより、対外的訴求力及び社員の安全意識の強化につながります。
(3)認証機関による審査を受ける過程において、専門的知識・ノウハウの獲得をすることができます。

労働安全衛生マネジメントシステムの導入

認定料

1.初回認定料(税込)

業務の種類 会員 一般
書面調査 210,000円 220,500円
実地調査 456,000円 478,800円
認定手数料 31,500円 31,500円
合計 697,500円 730,800円

2.更新認定料(税込)

業務の種類 会員 一般
書面調査 210,000円 220,500円
実地調査 456,000円 478,800円
認定手数料 31,500円 31,500円
合計 697,500円 730,800円

3.再評価料(税込)
(1)現場調査1部門の場合

業務の種類 会員 一般
書面調査 210,000円 220,500円
実地調査 265,000円 278,250円
認定手数料 31,500円 31,500円
合計 506,500円 530,250円

(2)現場調査2部門の場合

業務の種類 会員 一般
書面調査 210,000円 220,500円
実地調査 390,000円 409,500円
認定手数料 31,500円 31,500円
合計 631,500円 661,500円

4.適合状況確認の調査(希望の場合のみ)

業務の種類 会員 一般
実地調査 110,000円 132,000円

協会では、適格認定に関する業務を行っているほか、労働安全衛生マネジメントシステムの普及促進に関わる相談、
支援等も行っておりますので、是非ご活用ください。

労働安全衛生マネジメントシステム認定活動の客観性を確実にすることを宣言いたします!

(社)富山県労働基準協会が行うJISHA方式適格OSHMS認定が、当協会の利害又は認定業務に携わる役職員その他関係者の利害により影響を受けることなく、常に客観的かつ公正に行われ、もって公平性が確保されるようにすることがきわめて重要であると考えております。

このような認識の下に、当協会が行なう労働安全衛生マネジメントシステム認定活動の客観性を確実にすることを宣言いたします。

JISHA方式適格OSHMS認定についてのお問い合わせはこちらから

この労働安全衛生マネジメントシステムに関するお問い合わせは下記フォームをご利用ください。
SSL(暗号化)を適応しており、個人情報が第三者へ漏えいする事がないようになっておりますので、
ご安心してご利用下さい。※必須は記入必須項目です。

会社名※必須
所在地 郵便番号:〒 例)0001234 ご住所:
担当部課
担当者名 ※必須 姓:   名:
電話番号 ※必須
E-mail ※必須
業種
お問い合わせ内容

JISHA方式適格OSHMS認定にかかわる当協会の責任等について

(1)JISHA方式適格OSHMS認定は、事業場における労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)の実施状況がJISHA方式適格OSHMS基準に適合している旨を認定する制度であり、認定を受けた事業場(認定事業場)における安全衛生管理に全く問題がないこと又は認定後における労働災害の無発生・減少等を保証するものではありません。
したがって、認定事業場において発生した安全衛生管理上の問題又は労働災害に関しては、当協会は次項に掲げる場合を除き一切の責任を負わないものとします。

(2)JISHA方式適格OSHMS認定に関し、当協会に重大な過失があったことに起因して認定事業場に何らかの損害が発生した場合に当協会が負う損害賠償義務は、受領済みの認定料等の額を上限とするものとします。

(3)認定事業場は、当協会の「JISHA方式適格OSHMS認定事業に関する規程」の規定に従って、(1)定期報告、災害等発生報告等の報告、(2)登録事項の変更の届出等の届出、(3)認定範囲の変更に係る申込みなどをしていただく必要があります。これらの義務を怠った場合には、認定を取り消すことがあります。